1xbet мобильная версияk8 カジノシニアも「eスポーツ」でバトル ねんりんピックで初採用仮想通貨カジノパチンコjaws スロット

1xbet мобильная версияk8 カジノシニアも「eスポーツ」でバトル ねんりんピックで初採用仮想通貨カジノパチンコjaws スロット

1xbet мобильная версияk8 カジノシニアも「eスポーツ」でバトル ねんりんピックで初採用仮想通貨カジノパチンコjaws スロット

パチスロ おすすめ 2021k8 カジノ

ドラゴンクエスト 11 スロット 60歳以上を中心とするスポーツ、文化、健康の祭典「全国健康福祉祭(ねんりんピック)」で、2023年の会場となる愛媛県は世界的な大会が次々開催されるなど注目度の高いeスポーツをオリジナル種目として初めて採用する。場所や年齢を問わずオンラインでつながるパソコンゲームを通じ、高齢者の楽しみや生きがいづくりのきっかけにしたいとしている。

photo日本たばこ愛媛支社の大塩修一支社長。「eスポーツは世代間の交流もできる」と話す

 ねんりんピックは1988年に始まり、来年の2023年は愛媛県で開催される。県は世代や地域の垣根を越えて実施でき、認知症予防に有効とされるeスポーツに注目し、新しい生きがいづくりと健康づくりのツールとして活用しようと計画。必要な機材としてゲーム機コントローラーを準備している。パズルゲーム「ぷよぷよ」などの対戦が検討されているという。

 県保健福祉部によると、これまでに20台を購入していたところ、日本たばこ産業(JT)愛媛支社(松山市)から20台を寄贈すると申し出があった。

 7月19日に県庁で贈呈式が行われ、支社長の大塩修一さん、副支社長の岩井基さんがコントローラー20台とともに訪れた。

photoゲーム機コントローラーを寄贈した日本たばこ産業愛媛支社の大塩修一支社長(中)と岩井基副支社長(右)。左は愛媛県保健福祉部の菅規行部長

 大塩さんによると、JTは2年前から「リシンクプロジェクト」として、地域社会の課題を一緒に解決する取り組みを始めており、その一環で県が求めているコントローラーを寄贈することになったという。

 「高齢者施設をゲーム機を持って回ったことがあります。そのときは車のレースゲームだったのですが、免許を返納した方も『結構いいね』と盛り上がった。コロナ禍でできなくなっていたところ、ねんりんピックで県がeスポーツを採用すると知り、コミュニケーションの幅を広げるための支援になればと思いました」と大塩さんは話していた。

 目録を受け取った保健福祉部の菅規行部長は「施設へ出向いて説明講習をしたうえで、23年2月にはオンラインの大会を開いて選手の輪が広がるよう努力する」と礼を述べた。「ゲーム機を触らない世代の方々だが、ゲームを通じて幅広い年齢層と交流できる。場所が離れていても交流機会が増える」と菅部長はeスポーツの広がる可能性に期待を示した。県は1施設に4台ずつを配布し、10施設で同時対戦を行う計画を立てている。

 eスポーツは世界的に競技人口が増え続けており、高額賞金の大会も開かれており、プロも存在する。国内でも一部の高校で部活動に取り入られるなど、注目度はアップしている。

 「ねんりんピックえひめ大会」は23年10月28日~31日に実施。健康長寿を実感し、生涯現役につながる大会▽地域や世代を超えたふれあいによる「地域共生社会」を実現する大会-などを掲げ、卓球やテニス、ゲートボールなどのスポーツ交流大会10種目、ウオークラリー、グラウンドゴルフ、ラグビー、水泳などのふれあいスポーツ交流大会15種目、囲碁、将棋など文化交流大会4種目の計29種目を県内市町を会場に行う。観衆を含め50万人の参加を見込んでいる。eスポーツはこれ以外のオリジナルイベントとして実施する。(村上栄一)

仮想通貨カジノパチンコテレビ の 通販 サイト

コメントを残す